今朝NHKの朝ドラ「エール」を見て山崎育三郎さん(久志)の「栄冠は君に輝く」に感動しました。

Pocket

今朝のNHKの朝ドラ「エール」で「栄冠は君に輝く」を初めて、ゆっくり確認をしながら聞き入りました。

 

今朝何気なき見た「エール」の最後で甲子園で歌う場面に、胸をうたれました。

いつも聞いている「栄冠は君に輝く」は高校野球の開幕式で何気なく聞き流していました。

 

今日三番まで歌詞をかみしめながら聞く事が出来たことが、この歌の新しい発見につながりました。

この当時の思いと、野球が出来る喜びなどが歌詞とメロディーに込められている事を知り、益々高校野球が好きになりそうです。

先日ドラフト会議があり、悲喜こもごもの報道を見た後でもあり、平和の尊さを余計にかみしめます。

 

いまコロナ禍で色んなスポーツが制限されている中で、スポーツと同様応援歌の力を知りました。

スポーツが制限されても、応援歌は謳えます。今回は高校野球応援歌「栄冠は君に輝く」久志(山崎育三郎)の歌声が染み渡りました。

素晴らしい歌声で「沈んだ気持ち」が「明るく希望を持てる気持ち」に変わるのは凄くて感動しました。

彼の歌声もそうですが、この歌の持つ力を初めて知りました。

歌の持つ力が、このコロナ禍で悩んでいる人や落ち込んでいる人を、勇気づける事が出来る可能性を感たのは私だけでしょうか?

 

コロナが又少しづつ猛威を振るい始めています。

負けないで赤くる乗り越えるにも、このような歌の力も大事になると感じました。

免疫力を高める力にもなると思います。希望をもってこの時期を乗り越える努力をしましょう。

 

今日は「栄冠は君に輝く」に勇気をもらいました。

 

 

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。